笑顔

代理出産とエージェンシーへの相談のタイミング

外国人

代理出産といえば、不妊治療を繰り返してもなかなか子どもを授かることができない時の最後の手段というイメージを持つ人も多いでしょう。確かに、着床をしても流産を繰り返してしまう不育症の悩みを解消したい時にも、代理出産は有効な方法です。しかし、それ以外にも生まれつき子宮を持たない、病気で子宮を全摘したという場合にも代理出産という選択をすることができます。子宮の問題で子どもを産むことができないのであれば、少しでも早い段階でエージェンシーへ相談をしておくことがおすすめです。

早い段階で代理出産エージェンシーへ相談をするメリットは、老化が始まる前の卵子を採取できることです。高齢出産といわれる年齢になると、卵子の老化が始まり、代理出産の成功率も低下してしまうことになります。それに対して、卵子の老化が始まる前の段階であれば代理出産の成功率が上がることになるため、子どもが欲しいという願望がある場合は、代理出産エージェンシーと相談を始めておくと良いでしょう。老化が始まってしまった卵子を、もう一度若々しい状態に戻すことはできません。それだけに、代理出産に興味を持っているのであれば、早い段階での相談がおすすめです。

ブロンド

代理出産を検討する場合はエージェンシーへ相談

様々なご事情で、代理母出産を検討される場合には専門のエージェンシーがあります。代理出産プログラムが各エージェンシーに設けられています。代理出産プログラムとは夫婦の奥様の代わりに代理母が妊娠と出産…

お花

養子縁組を選ぶ前に考えてみたい代理出産

子供というのは、願えば必ず授かるというものではありません。どれだけ望んでも、子供を育てるための子宮に問題があれば、不妊治療を行っても子供を持てない可能性が高くなります。それでも子供が欲しい場合は…

外国人

代理出産とエージェンシーへの相談のタイミング

代理出産といえば、不妊治療を繰り返してもなかなか子どもを授かることができない時の最後の手段というイメージを持つ人も多いでしょう。確かに、着床をしても流産を繰り返してしまう不育症の悩みを解消したい…

紅葉の手

代理出産を希望の人はエージェンシーを利用すること

妊娠自体はできるけれど流産が続く女性は、子宮の状態が妊娠に適さないことが多いです。子宮で赤ちゃんが育たない場合は、代理出産の方法を検討してみましょう。妊娠はできるということは卵子に問題はないので…