笑顔

養子縁組を選ぶ前に考えてみたい代理出産

お花

子供というのは、願えば必ず授かるというものではありません。どれだけ望んでも、子供を育てるための子宮に問題があれば、不妊治療を行っても子供を持てない可能性が高くなります。それでも子供が欲しい場合は養子縁組を選ぶという方法もありますが、卵巣機能や精子に問題がないのであれば代理出産という方法を考えてみることがおすすめです。

養子縁組でも子供を持つことができますが、どちらの遺伝子も引き継がない子供となります。それに対して、夫婦の精子と卵子を受精させ、その受精卵を代理母の子宮に移植して出産を目指す代理出産という方法であれば、夫婦両方の遺伝子を引き継ぐ子供を持つことができます。そのため、ただ子供を育てたいというのではなく、夫婦の遺伝子を次の世代に引き継ぎたいという希望がある場合は、代理出産という方法を選んでおいて損がありません。

そんな代理出産に少しでも興味を持っているのであれば、まずはエージェンシーへ相談してみると良いでしょう。相談をすれば、代理出産に関する不安や悩みを手軽に解消することができます。ただ、代理出産を行うためには年齢制限が設定されていることが殆どです。そのため、代理出産を考えているのであれば早めの相談がおすすめです。

ブロンド

代理出産を検討する場合はエージェンシーへ相談

様々なご事情で、代理母出産を検討される場合には専門のエージェンシーがあります。代理出産プログラムが各エージェンシーに設けられています。代理出産プログラムとは夫婦の奥様の代わりに代理母が妊娠と出産…

お花

養子縁組を選ぶ前に考えてみたい代理出産

子供というのは、願えば必ず授かるというものではありません。どれだけ望んでも、子供を育てるための子宮に問題があれば、不妊治療を行っても子供を持てない可能性が高くなります。それでも子供が欲しい場合は…

外国人

代理出産とエージェンシーへの相談のタイミング

代理出産といえば、不妊治療を繰り返してもなかなか子どもを授かることができない時の最後の手段というイメージを持つ人も多いでしょう。確かに、着床をしても流産を繰り返してしまう不育症の悩みを解消したい…

紅葉の手

代理出産を希望の人はエージェンシーを利用すること

妊娠自体はできるけれど流産が続く女性は、子宮の状態が妊娠に適さないことが多いです。子宮で赤ちゃんが育たない場合は、代理出産の方法を検討してみましょう。妊娠はできるということは卵子に問題はないので…