笑顔

代理出産なら子宮を摘出した場合でも子供が持てる可能性

妊婦

若い女性の中にも不幸なことにガンや婦人科系の病気などで子宮を摘出する事態が起きることがあります。
子宮がなければ、子供を妊娠することは出来ません。
しかし、代理出産ならばまだ自分の子供を持てる可能性が残されています。

代理出産は受精卵を代理母の子宮で育ててもらうことを言います。出産は代理母が行いますが、その子供の性質は受精卵の元になった卵子と精子によるものです。
つまり、子宮を失った女性でも卵子さえ取り出すことが出来れば、自分の子供を代理母に生んでもらうことが出来るのです。
子宮だけでなく、例え卵子を作る卵巣などを全て摘出することになったとしても、その手術の際に卵子を取り出すことに成功していればやはり代理出産で子供を望むことができます。

ただ、この代理出産は日本ではまだ行われている場所は限られていますし、行われていても公言していない場合も多いです。
そこには、前例がないという理由であったり、法の整備、子供の権利などの複雑な問題が絡み合っています。
そのため、代理出産を望まれる場合、エージェンシーへ相談し、外国での手続きに入られた方が早いかもしれません。
もし、子宮や卵巣の摘出などの手術の可能性があり、時間にまだ余裕がある状態でしたら、一度相談をしてみることをお勧めします。

代理出産の大まかな流れを把握して賢くエージェンシーを利用しよう

代理出産によって、子供を持ちたいと考える夫婦は年々増加傾向にあります。それは、国外では代理出産という方法が一般的になりつつあることとも関係しています。
国内での代理出産は法律などの問題でごくわずかしか行われていません。しかし、国外での代理出産でも構わなければ、我々日本人でも行うことができます。

代理出産のプログラムはまず代理出産を扱うエージェンシーへ相談するところから始まります。エージェンシーは代理出産に対するノウハウをもち、国外の病院との提携を結んでいます。彼らの指示通りに国外の病院との連絡や代理母の選定を進めます。手続きが完了したら、実際に外国へ行き受精卵をつくり、代理母に移植します。代理母の妊娠期間は日本で待つことになりますが、出産の時にはまた外国へ渡ることになります。そして、生まれた赤ちゃんを連れて日本へ帰るという流れです。

基本的にエージェンシーの指示通り動けば大丈夫ですが、不明な点や不安な点は逐一相談するようにしましょう。事務的な手続きだけでなく、カウンセリングなどのサポートを行ってくれるエージェンシーも多くあります。
また、費用の面も確認しにくいことかもしれませんが、必ず確認して動くようにしてください。初期費用の安さだけでエージェンシーを決めてしまうと、追加料金などがかかった時に請求が高額になる場合もあります。

代理出産するなら必ずエージェンシーに相談をしてから利用

代理出産に関するある程度の情報は知っていたとしても、噂レベルの情報ではあまり積極的になることができません。どうやって代理母を見つければいいのかとか、料金はどれぐらいかかるのかとか具体的な情報が手に入らないからです。実際に代理出産を経験した人の話を聞ければ良いのですが、普通に生活しているとなかなかそういう出会いもありません。そういう時に役に立つのが、エージェンシーです。代理出産に関する専門のエージェンシーは、代理母プログラムに加入するのを手伝ってくれたり、その後の交渉に関しても色々なアドバイスをくれます。一般的な不妊治療でも不安は多いものですが、あまり情報のない代理出産に関しては更に不安になることが多いです。しかしエージェンシーへ相談すれば専門家が優しく疑問解決してくれますので、何も恐れることなく質問しましょう。代理出産プログラムを利用するかしないかで、子供が手に入れられるかどうかが決まるのです。誰もが多少の不安は持つものですが、恥ずかしがらずに色々と具体的に質問することで、だんだんと不安を減らすことができて積極的にプログラムに参加できます。専門家のエージェンシーは、不安になる気持ちも理解してくれますので優しく対応してくれます。

ブロンド

代理出産を検討する場合はエージェンシーへ相談

様々なご事情で、代理母出産を検討される場合には専門のエージェンシーがあります。代理出産プログラムが各エージェンシーに設けられています。代理出産プログラムとは夫婦の奥様の代わりに代理母が妊娠と出産…

お花

養子縁組を選ぶ前に考えてみたい代理出産

子供というのは、願えば必ず授かるというものではありません。どれだけ望んでも、子供を育てるための子宮に問題があれば、不妊治療を行っても子供を持てない可能性が高くなります。それでも子供が欲しい場合は…

外国人

代理出産とエージェンシーへの相談のタイミング

代理出産といえば、不妊治療を繰り返してもなかなか子どもを授かることができない時の最後の手段というイメージを持つ人も多いでしょう。確かに、着床をしても流産を繰り返してしまう不育症の悩みを解消したい…

紅葉の手

代理出産を希望の人はエージェンシーを利用すること

妊娠自体はできるけれど流産が続く女性は、子宮の状態が妊娠に適さないことが多いです。子宮で赤ちゃんが育たない場合は、代理出産の方法を検討してみましょう。妊娠はできるということは卵子に問題はないので…